カードローン 審査基準って皆似てそうで似てない。

お金に困ってる時に真っ先にみるのがカードローン 審査基準です。
まず、自分がどこまであてはまるのかが問題になってくるけど、今や、どこのサイトでも似たような文句が多くて実際に借りたことがないような人が書いてる記事も見受けれます。
コピーペースト記事が多いんですよね。
人によってマチマチなことでもあれがあるから審査が落ちたっていうのはあることです。
仕事も続いてない方は基本的に除外になってると思うし、あと携帯電話の支払いが遅れてるのも見られてるとも聞きます。
中には電話で在籍確認取らない会社もあるみたいですが、そのぶん過去に借入してないかっていうのは指定信用情報機関のCICで確認が取れるので基本的には嘘は書かないようにしなきゃいけないですね。
それとも自分で先に過去の情報を開示したらいいかと思う。
スマホからもみれるし、窓口からまたは郵送でも可能ですのでいくらか支払いが残ってないか確認した上で申し込みすればいいかと思います。
また、CICの来社開示っていうのが2年前くらいからあってC-touchっていう機械でみれるものもできたみたいです。
本人確認書類があれば可能ですからそういうものが万全にしてから再度申し込みする方が納得できるんじゃないでしょうか。

カードローンをバレないように借りるのは得策?

親子兄弟は身近な家族ですが、お互いのプライバシーの侵害に当たるような行為は慎むことが大切です。
特に、思春期に差し掛かる時期になると、親子関係をどのような状態で保つのかが大きな課題になりますが、徐々に距離を置いていくようにしたいですね。
また、夫婦間で信頼関係を築くことも大きな課題になりますが、関わり方には慎重にしたほうがいいのかもしれません。
そのようなことをいうと、一つ屋根の下で暮らすのは難しくなりますが、適度な距離を置くことも大切ではないでしょうか。
しかし、家族となって生計をともにするためには、お互いに協力し合うことや、秘密をつくらないことも忘れてはなりません。
内緒の借金をつくらないことも大切です。
そのため、カードローンをバレないように借りるのは、得策ではないと思われます。
もし、生活に必要なお金なら、自分の配偶者に内緒にする必要がありませんね。
それぞれの親や親戚が関係するときは相談しにくい場合もありますが、一度でも内緒にしてしまうと、心理的距離が離れていくばかりです。
そのような事態にならないためにも、結婚している人がカードローンを借りるときは、配偶者に相談することをお勧めします。

おまとめローンを利用した同業者

この度仲間のサロンオーナーがおまとめローンを利用することになったらしいです。

彼女とは数年前、サロンの交流会で出会いました。同じエステサロンということで意気投合し、以来、情報共有しながら頑張ってきました。ターゲットや地域が違かったので、顧客がかぶらなかったというのも良かったのかもしれません。

去年くらいまでは順調に経営している様に見えたのですが、今年になって陰りが出てきたようです。お客様の数がそれほど減ったわけではないのですが、投資が失敗したというか。新しいメニューにあまり食いつかれず、減価償却ができなくなってしまったみたいなのです。

で、ここにきておまとめローン。色々な消費者金融からお金を借りていて、これ以上借りていたらまずいと思い、思い切っておまとめローンにしたと言っていました。幸い、延滞を一度もしていなかったので、すんなりと貸してもらえたようです。

私は自宅でサロンをしているので、家賃がかかりません。なので、それ程お金に困ることは無いのですが、自分で場所を借りてやるというのは中々厳しいことなのですね。

1 2