親子兄弟は身近な家族ですが、お互いのプライバシーの侵害に当たるような行為は慎むことが大切です。
特に、思春期に差し掛かる時期になると、親子関係をどのような状態で保つのかが大きな課題になりますが、徐々に距離を置いていくようにしたいですね。
また、夫婦間で信頼関係を築くことも大きな課題になりますが、関わり方には慎重にしたほうがいいのかもしれません。
そのようなことをいうと、一つ屋根の下で暮らすのは難しくなりますが、適度な距離を置くことも大切ではないでしょうか。
しかし、家族となって生計をともにするためには、お互いに協力し合うことや、秘密をつくらないことも忘れてはなりません。
内緒の借金をつくらないことも大切です。
そのため、カードローンをバレないように借りるのは、得策ではないと思われます。
もし、生活に必要なお金なら、自分の配偶者に内緒にする必要がありませんね。
それぞれの親や親戚が関係するときは相談しにくい場合もありますが、一度でも内緒にしてしまうと、心理的距離が離れていくばかりです。
そのような事態にならないためにも、結婚している人がカードローンを借りるときは、配偶者に相談することをお勧めします。