鬱の治療方法は色々ありますが、カウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)という方法もあります。カウンセリングとは、専門的な訓練を受けたカウンセラーが悩みを抱えた人に対して話を聞き、その人の考え方や行動、捉え方を見直す事によって改善に導くといっただと言われているのです。カウンセリングと言っても、何か特別な事をする訳ではありませんし、カウンセラーがこうしなさいという指示を出すこともないはずです。カウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)では、自分の事を話す事自体が重要になってきます。自分で自分の事を話して、自分を受け入れるように促すのがカウンセリングの役割とも言えます。カウンセラーからのアドバイスはあるかもしれませんが、患者自身がしっかり考えて客観的に捉え、正解を自分自身で決めて行くことに意義があるのです。患者本人が自分自身と向き合わない事には、どんなに優秀なカウンセラーでも、具体的な治療方針や考え方を決められず、改善に向けたカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)を実行できません。また、症状の強い時期にカウンセリングだけに頼るのもあまり好ましいとは言えないといわれています。鬱の初期段階での治療は、薬と十分な休養が基本となっています。薬を服用するのは、副作用があって怖いという方もいるかもしれません。でも、適さない方法でカウンセリングを行ったりすると、かえって鬱症状が酷くなってしまう場合もあります。ですので、カウンセリングを受ける時期にも注意する必要があるでしょう。それに、カウンセリングの効果をあげるためには、その人に合わせたカウンセラーに治療してもらう事が何よりも重要になりますー